市場参加を目指すなら、電子書籍がいい

2014年、読者はどこへ消えた

どうも今年は、本当に本が売れない年になる様な気がしてなりません。物流に勢いがないんです。同業者に聞いても本屋さんに聞いても同じ反応です。

「長年、本屋をやっているけど過去最悪の状況だよ!」って。

 「読者と本(作者)の接点は途切れてしまうのか」

海外の先進国では、そんな悲鳴はなく良好みたい。アメリカ、イギリス、ドイツ、更に中国は成長傾向なんだって。特にドイツは郡を抜いて読書需要が高く会員制度、読み放題やオンデマンドを活用した自費出版といった幅広い提供をしているそうです。

日本と違って読者を考えているのか、いないかの差が結果となっているんでしょ。 きっと!

f:id:xasunaro:20140628075151j:plain

そして、自費出版物は。。
そもそも、売る目的で作られていない側面があり流通外の出版物もあります。自分史や記念として出すケースも多いなかで自費出版の動向がつかめません。ただ、仕事で共同出版物やコネを使って商業にねじりこんできた自費出版物を扱う事もあるんですがまず売れない。訪問した自費出版社の話や検索上から仮定しても商業出版と変わらない状況でしょ。。。

私見の不安めいた”ぼやき”ですけど、読者はスマホや携帯端末で読んではいるんです。紙ではないだけで、読む行為は減っていないんです。アマゾンの登場からネット書店だと、つい”もう一冊”なんて多く買ってしまう読者もいるんじゃないでしょかね。

新たな本との出会い方って、今後のひとつの課題じゃないかなー。紙を売るネット書店の今がその初期段階となってほしいものです。

 

 商業出版物の発行点数より自費出版物の方が多い

はてな新館の過去(2007年)の記事ですがビックリしました。

http://d.hatena.ne.jp/myrmecoleon/20070716/1184582057 はてな新館/記事

発表の場を求める方が多い事にビックリしたんです。それは将来に作家を目指す人たちが沢山いる一面とも言えます。既に、注目を浴びている電子書籍で創作活動してる人は多いんだと思います。どう考えても、紙の自費出版は「お金」を持っている人向けですから、作家を目指し発表の手段を考える若者には電子書籍の方が安心で実行性があります。紙で出版して書店に平済みされる作家を目指していても、安価な電子出版をステップアップの手段にすればいいんです。そのほうが現実的でしょ。

また、ホームページ・ブログ・ユーチューブ・ツイッターと「個」が発信できる道具がいろいろ登場して幅広い層で利用されていますが、ここに、従来の姿から進化する電子書籍が仲間入りしないはずは無いと頑固に考えている私なんですけど、そこを場としたトップを目指いすのもいい。

f:id:xasunaro:20140628101705j:plain

それと、電子書籍はゴールドラッシュではなく、今後の課題はあれど電子でのメリットが紙書籍販売上では出来ない多くの課題を解決し、心地よい読書環境を築いてくれる手段だと思っています。

電子書籍コンテンツの市場規模
2011年           671億円
2012年           729億円
2013年         1010億円
2014年         1220億円
2015年予測 1530億円
2016年予測 1850億円        ict総研レポートより

既に、数字が読者の意向を表していますから、作者も作品に触れてもらえる場として電子の活動が望ましいとしている方も多いのでしょう。もちろん、作品の見せ方として紙の選択もおおありでしょう。それに読者の意思があります。画集や詩集を見て感じるには画像は選択しないでしょ。ここに紙書籍が無くならない一つの価値があります。

音楽、スポーツであればライブがいい。絵画も画像より紙、観光も現地に行きたい。私たちは自身の持つ感性に刺激を与えたいんです。だから行くんです。無くなった道具、姿を変えた道具は過去に沢山あります。電話もそう。紙も同じ道を辿るのは間違いないと思います。けど、未来に向けて今は紙が必要な時期・時代なんです。電子は紙の強みを持ち合わせていませんから役割は違うんです。


両者がどう機能しあい、時に連携する事で読者と作品との接点が高まり、読者は読書を楽しみ、豊かな人生観を得る事になります。そこが本の役割であり存在でもあると思います。

先日、アメリカ/シカゴから来たご夫妻と話す機会があって、アメリカの読者環境を伺ったところ、キンドルなどの端末で読むスタイルが一般的になってきたとの事。学校教育では基本的にパソコンで、記憶をさせる時には徹底的に紙を読ませていると言っていましたが、奥さんは「徹底的」をやたら強調していたのが印象的でした。 

 

 キーワード

下記は、私がグーグル・キーワードを使って”自費出版”を検索したランキングです。

Googleキーワード
 f:id:xasunaro:20140628074152j:plain

当然、どんな人たちが検索したのかはわかりませんけど、書く人、読む人、本屋さん、出版社関連の方は多いでしょう。検索ランキングの内容では上位から、
自費出版 費用  

自費出版 詐欺    

自費出版 相場

下位にむかうにつれて

電子書籍 自費出版 無料

電子書籍 自費出版 メリット

amazon 自費出版 印税

面白いですね。電子書籍がさりげなく集中して来てます。そんなに時間はかからずに、このランキングは逆転ですね。 

さて、ここから先が問題なのだ。
日本でのエージェント、新たな読者サービスの構築と盛り沢山ですね。 次回からは、ここを考え、具体化してゆきたいと思います。

f:id:xasunaro:20140628101117j:plain

最後まで読んで頂きまして、ホントにありがとうございます。

それでは、また。(花マキでtwitterしてまーす)